メニュー  → 生薬学術情報  → 
知母
知母
(ちも)
知母 入手時名称:知母
撮影場所:富山大学 和漢医薬学総合研究所 民族薬物資料館
TMPW No.:10804
Anemarrhena asphodeloides 植物名:Anemarrhena asphodeloides
撮影場所:モンゴル国
撮影日時:2004
撮影者:小松かつ子

生薬別名 毛知母,光知母,知母肉
生薬ラテン名 Anemarrhenae Rhizoma
生薬英名 Common Anemarrhena Rhizome
科名 ユリ科 Liliaceae
基原 ハナスゲ Anemarrhena asphodeloides Bunge
薬用部位 根茎
選品 黄色の毛を有し,よく肥大した潤いのあるものが良品(TN).
主要成分 ステロイドサポニン及びサポゲニン Steroid saponins & Sapogenins:
Timosaponin A-I, Timosaponin A-II, Timosaponin A-III, Timosaponin A-IV, Timosaponin B-I, Timosaponin B-II, Sarsasapogenin, Markogenin, Neogitogenin

キサントン類 Xanthones:
Mangiferin, Isomangiferin

アミノ酸 Amino acids:
Pantothenic acid

ピリジンアルカロイド Pyridine alkaloids:
Nicotinic acid
薬理作用 血糖降下(エキス).解熱,抗菌(煎液).血圧降下.呼吸中枢抑制.溶血(timosaponin類).
臨床応用 解熱,利尿,鎮静,鎮咳,止瀉薬として,煩熱(虚熱),口渇などに応用する.
頻用疾患 高熱, 口渇, 咳嗽, 乾咳, 盗汗, 無汗, 排尿困難, 便秘
含有方剤 痿証方 , 黄耆別甲湯 , 黄連消毒飲 , 加減瀉白散 , 加味四物湯 , 加味八脉散 , 桂枝芍薬知母湯 , 柴胡養栄湯 , 酸棗仁湯 , 滋陰降火湯 , 滋陰至宝湯 , 紫苑散 , 滋腎通耳湯 , 消風散 , 除湿補気湯 , 辛夷清肺湯 , 秦艽別甲湯 , 生津湯 , 清燥養栄湯 , 清熱補血湯 , 知母茯苓湯 , 当帰拈痛湯 , 麦門冬飲子 , 白虎加桂枝湯 , 白虎加人参湯 , 補陰湯
帰経 肺・胃・腎
神農本草経 中品
中医分類 清熱薬
薬能 清熱瀉火,生津潤燥.外感熱病,高熱煩渇,肺熱燥咳,骨蒸潮熱,内熱消渇,腸燥便秘に応用する.
薬徴  
備考 第十七改正日本薬局方収載品.
参考文献 TN: 難波恒雄, 津田喜典編集, 『生薬学概論』, 改訂第3版, 南江堂, 東京, 1998.
遺伝子領域
Gene Region
Nuclear Chloroplast Mitochondria
基原 5Ss 18S ITS1 5.8S ITS2 26S others trnH-psbA matK trnK trnK-rps16 trnT-L trnL trnL-F rbcL rpoC1 ndhF others
Anemarrhena asphodeloides Bunge
atpB
 AJ417570
cob
 DQ859077
atpA
 AY299711